心の負担を軽くする|双極性障害という病気とは?|うつ状態の落差を減らす

双極性障害という病気とは?|うつ状態の落差を減らす

サイトメニュー

心の負担を軽くする

カウンセリング

生活のリズムを作る

うつ病の中でも判明しにくい症状である双極性障害は、不眠症や悩み改善しないなどの状態が続いた時に専門医のカウンセリングを受けた事がきっかけで病名がわかる事が多い病気です。治療のきっかけは不眠の治療などであっても、心療内科や精神科に通院する事で双極性障害である事を認識出来るようになります。同居している家族からの指摘があった場合や自分自身の症状がうつ病であると感じている場合には、心の病気を専門としている医療機関に相談するようにします。メールなどであらかじめ症状を伝えてから医師の診察を受ける方法もあり、治療がスムーズに進むようになるため好評です。ホームページで治療内容や患者の口コミなどを載せているところも多くあり、カウンセリングの予約をする前に確認しておくと安心です。薬を用いた治療方法の中には、抗うつ剤のほかに漢方を取り入れている医療機関も増えています。女性特有の悩みである場合には、女性医師のいる医療機関に相談するなど事前に検討してから通院するようにします。気持ちが不安定な状態が続いている方や不眠などの影響で体調不良である患者も多いため、通院の際には家族が同伴して治療を受けることが好ましいとされています。家族間の悩みが原因となっている場合や家族にも悩みを知られたくない場合は、1人でも通院しやすい立地にある病院を選ぶのがオススメです。同伴者のいる場合は通院する日時を相談した上で、電話やメールで予約をしてから通院するようにします。悩みの原因となっていそうな事や生活環境などをメモしておき、カウンセリング時に伝えると治療がしやすく安心です。積極的に行動をする時期と気分が落ち込んでやる気がなくなる状態を繰り返す双極性障害は、感情の起伏が激しい人という印象を与えるだけで初期状態では気づかない事もある病気です。躁状態とうつ状態の期間がどれくらい続いているのか状態を医師に把握してもらう必要があります。治療を行う際には、これまでの生活環境での変化や悩みなどをメモしておき伝える事が大切です。不眠が続いている場合には、いつ頃から眠れなくなっているのかなどを記録しておき医師に伝える事で躁うつのパターンが掴みやすくなります。心の悩みの原因となっていることを伝えて、どのように自分の気持ちを整理すれば良いのかアドバイスをもらう事も重要です。特に、人生の転換期などをきっかけに双極性障害の症状が始まっている場合には、きっかけとなっている事柄を振り返ることになります。初診の時に気づかなかった悩みの原因に後から気づく事もあるので、気になったらメモをするように習慣づけると治療しやすくなります。落ち込みを和らげる抗うつ剤や不眠に効く薬などを使用して治療を行うことになりますが、漢方薬での治療も出来るので希望者は初診の際に伝えておくのが大切です。生活のリズムを正しくする事で不眠の症状から抜けやすくなるケースも多く、同居している家族と協力して治療を行なっていきます。普通のうつ病とは異なり物事に対してやる気が出る躁状態時期がありますが、その時期についても医師に伝えておくと的確なアドバイスが受けやすくなり感情のコントロールが出来るようになります。完治するまで1年以上かかるのが一般的なので、1ヶ月に1回ほど定期的に通院して頑張りすぎずに治療を行うようにするのが大切です。