双極性障害という病気とは?|うつ状態の落差を減らす

サイトメニュー

早めに病院を受診したい

看護師

躁とうつ状態を繰り返す

双極性障害は躁状態とうつ状態を繰り返す精神疾患のひとつです。多少は遺伝的な要因もありますが、環境が大きく変化したり、過度なストレスが掛かったりすることで発症する病気です。双極性障害には1型と2型の2種類がありますが、1型の場合は躁状態が一週間ぐらい続き、浪費をして借金を作ってしまったり、飲酒やたばこの量が増えたりすることも多いです。2型の場合は軽躁状態なので、1型に比べると起伏が少ないのが特徴です。双極性障害が疑われる場合は、早めに精神神経科の病院やクリニックを受診する必要があります。活動的になりすぎたり、頻繁に動き回ったりして、周囲の家族に迷惑を掛けることもあります。地元で評判の高い精神神経科の病院やクリニックを選んで、問診やカウンセリングに時間を掛けてもらって下さい。双極性障害は内服薬による治療が中心になりますが、カウンセリングなどの精神療法も有効です。双極性障害は完治をするのは難しい病気ですが、適切な治療を受けることで、寛解状態を長く保つのを目的としています。症状が改善してくると、職場や学校に復帰をすることも可能です。病気の人に向いている仕事は人付き合いが少なく、残業が少ない所がお勧めです。ストレスが掛かると再発しやすい病気なので、十分な睡眠や休息を心掛けることが大事です。感情の起伏が激しくなったり、誇大妄想などが見られるようになったりすると、医師に入院を勧められることもあります。一時的にストレスの多い環境から離れて養生をすることで、辛い症状を改善できます。薬を減薬したり、中断したりすることなく続けることが大事です。双極性障害は躁状態とうつ状態を繰り返す病気なので、本人も大変辛いですが、同居している家族にも影響が出てきます。昼夜が逆転してしまったり、感情の起伏が激しくなったりすると、仕事や家事、学業などに支障をきたしてしまいます。精神神経科の病院やクリニックでは、専門的な知識を持っている医師が在籍をしており、完全個室で診察が受けられるので、家族も付き添ってあげて下さい。本人が気付いていないことも、家族から話を聞くことで病気の原因がわかることもあります。双極性障害の治療に掛かる費用を知っておきたい人が増加しています。双極性障害は基本的に投薬による治療が中心になるので、保険適用が受けられます。通院の回数や薬の量によっても多少は費用が違ってきます。病気の症状が重い場合は1週間に一度の通院が必要になることもあります。症状が改善してくると通院の回数も減ってきますし、薬も減薬してもらえるので経済的な負担を減らすことができます。双極性障害は精神療法が大変有効なので、カウンセリングを受けたい人も増加しています。病院やクリニックによって多少は費用が違ってくるので、平均的な相場の病院やクリニックを選ぶことが大事です。双極性障害は完治することが難しいですが、適切な治療を受けることで、社会復帰も可能ですし、料理や洗濯、掃除などの家事もこなせるようになります。家族は腫れものに触るような接し方は避けて、話をよく聞いてあげることも大事です。精神神経科の病院やクリニックの医師は、患者への接し方もアドバイスしてくれます。